2019-04-14

ペッレモルビダのミニ財布(BA315)を購入した

ペッレモルビダのBA315-長財布(小銭入れ/コインケース付き)を購入したので紹介する.現実的に考えて,広く利用されている重くて大きな長財布は必要であろうか.本当に必要なものに限定をしたうえで持ち替えてみてはいかがだろうか.

購入に至った経緯

昨今,小さい財布が流行している.キャッシュレスの風潮の中で,現金を除いて考えると,筆者はクレジットカード(3枚),運転免許証,保険証,キャッシュカード,合計6枚のカードを持ち歩いている.読者の方も同じような状況ではないかと推測する.国内では会計の際に現金が必要となる場面は多いため,完全に現金を排除することはできない.筆者は紙幣はマネークリップ,硬貨はキーケース併用の小銭入れに収容している.
筆者はベルロイのフォーンポケットを愛用していた.フォーンポケットは,6枚のカードとスマートホンをうまく納めることができるため筆者の希望を叶えてくれる.それでは,なぜ,新しい財布を購入しようとかんがえたかというと,スマートホンとカード類を分けて持ちたいこともあるからである.一方で,新しい財布を購入したからとはいえ,ベルロイのフォーンポケットを完全に使わないということはなく,TPOに応じて財布を使い分けようと考えている.常にひとつの財布をずっと使い続けなければならないという既成概念に疑問を感じたがゆえである.

開封の儀

筆者は福岡市内の岩田屋本店にて,ペッレモルビダのミニ財布(BA315)を購入した.梱包をひもとくとオシャレな箱に収められていた.筆者はネイビーを基調としてオレンジをアクセントに用いたタイプを購入した.本体のサイズ感としては,SONY Xperia XZ2 compactと重ねて持ち歩くとピッタリであった.


本体は上質な革の素材を使い,デコボコした表面加工がなされている.経験的に,このような加工をしている革はお手入れが簡単な印象がある.本体の裏側にはポケットがあり,ブランドコンセプトとしては切符を入れているイメージがあるようだが,筆者は領収証やレシートを収めようと考えている.


本体の表側にはカードポケットがあり,5枚のカードを収めることができる.試験的にカードを5枚挿してみたところ,各々のカードが抜き差ししにくい状況であった.そのため,3枚のカードに限定をして1枚飛ばしで収めると使い勝手が良くなることに気がついた.ブランドコンセプトではチャックを開けた中には小銭を入れると想定していると考えるが,筆者は残りのカードをここに収容することにした.チャックの開閉は滑りが悪かったので,潤滑油(クレ556)を注すことによって症状が改善した.チャックの件については,今後使い込んでいくうちになじんでくると考えている.


実際に使用した印象

ペッレモルビダのミニ財布に切り替えて数日使ってみた.筆者はズボンの左側ポケットに入れて持ち歩いている.薄くて軽いことは正義だと思う.ポケットがずり落ちてしまうことやズボンのシルエットが崩れることもないことが良いかと思う.

0 件のコメント:

コメントを投稿