2019-01-25

JAL Global walletを申込んだ

日本航空(JAL)がJAL Global walletと呼ばれる新しいカードを発行している.筆者は年末に届いていた案内メールで存在は知っていたが,多忙のため詳細を確認できていなかった.このたび,かるくウェブサイトを眺めているとサービス内容が良かったため,結論として申込むことに決めた.

JAL Global walletの概要

JAL Global walletは,海外プリペイドカードに分類される.すなわち,あらかじめカードに入金しておき,その入金額の範囲内で利用できるプリペイドカードである.筆者が保有するJAL Global walletに類似したカードには,海外プリペイドカードGAICA(新生銀行)マネパカード(マネーパートナーズ証券)ネオマネーカード(セゾン)がある.さらに,セブン銀行のキャッシュカードに関しては,セブン銀行の預金残高の範囲内で同様のサービスが利用できる機能を具備している.
JAL Global walletは,日本円,米ドル,欧ユーロ,英ポンド,豪ドル,ニュージランドドル,カナダドル,スイスフラン,香港ドル,タイバーツ,シンガポールドル,マレーシアリンギット,中国人民元,台湾ドル,韓国ウォンの14通貨の外貨建て決済に対応している.また,外貨建て決済に必要な外貨の調達については,スマホアプリを利用することにより,任意のタイミングで日本円と外貨を相互に両替することが可能である.

類似カードとの比較

筆者の場合,JAL Global Walletに対して入金するときに200円の手数料が必要である.ちなみに,住信SBIネット銀行の口座を保有している場合は無料である点を補足する.入金手数料に関しては,GAICAマネパカードネオマネーカード,セブン銀行キャッシュカードは無料であるため,JAL Global Walletは他カードと比較して劣っている.海外渡航中に現地ATMから現地通貨を出金する場合に必要な手数料に関しては,GAICAは無料,残り3種類のカードは有料である.従って,ATM出金手数料の面では,他カードと比較して許容範囲内であると考えている.
日本円と外貨の交換に関する為替レートについて,セブン銀行キャッシュカードネオマネーカードはカード利用時のレートが適用になるため,自分のタイミングでレートを決定することはできない.一方,JAL Global Walletはスマホアプリで任意のタイミングで両替することが可能なため,海外渡航を控えた数ヶ月前からドルコスト平均法に従って両替する技が利用できる.すなわち,例えば1,000ドル必要であれば,毎週100ドルずつ両替することにより両替レートは平均化されるため,大きく得をすることもなければ,大きく損をすることもない.

申込み手順

両替手段の選択肢が多いことは歓迎できるため,筆者としては,ネオマネーカードを解約し,その代替としてJAL Global Walletを使うことに決めた.そこで,申込み手順を調べてみたところ,まずウェブ上から申込み手続きを行い,カード本体が届いたあと初期設定などをすすめるようだ.

申込み手続きを済ませた

JALマイレージ会員ウェブサイトから個人ページにログインしたのち,JAL Global Walletカード申込みのボタンを押した.思ったよりも簡単に手続きが開始できたと思う.
カード申込みに先立ち,JAL Global Walletの概要が箇条書きで示された.筆者がすでに確認していた内容に相違なかったが,JALタッチ・アンド・ゴーと呼ばれるペーパーレスのチェックインが利用できる点,200円あたり1マイル付与される点は気がつかなかった.思いがけない利点があり,うれしかった.
すでにJALカード(クレジットカード)を利用している場合,同じJALマイレージ番号ではあるが別のJAL Global Walletカードが発行されるようだ.すなわち,同じJALマイレージ会員の番号が記載された2枚のカードを並行して利用する形になるようだ.筆者はそのようなシステムであろうと勝手に思い込んでいたが,ここで明確に説明されたので安心した.このあと,いくつかの確認と同意の手順を踏み終わると,申込み完了のページが表示された.それと同時に,申込み確認のメールが届いた.以上で,申込み手続きは完了したようである.
約3週間以内にカードが発行されるようだ.カードが届いたのち,初期設定を行いたいと思う.今日できることはここまでのようだ.

0 件のコメント:

コメントを投稿