2019-01-31

コンタクトレス決済(NFC)に対する一考察

本ブログ記事では,海外で主流のコンタクトレス決済(NFC,通信規格Type A/B方式)についてまとめる.国内で普及しているコンタクトレス決済(FeliCa,通信規格Type F方式)は交通系ICカード(Suica,ICOCA等),楽天edy,nanacoなどで採用されている.なお,FeliCa準拠のコンタクトレス決済に関しては別の記事でまとめるつもりである.

マスターカード・コンタクトレス(Mastercard contactless)

マスターカード・コンタクトレス(旧PayPass)は,国際ブランドMastercardが提供するコンタクトレス決済である.国内クレジットカード会社では,オリコカードに搭載されている.筆者が保有しているクレジットカードには搭載されていないが,Apple payにJALカードを登録することにより,モバイル版マスターカード・コンタクトレス決済が利用できる.

アメックス・コンタクトレス(Amex contactless)

アメックス・コンタクトレスは,国際ブランドAmerican expressが提供するコンタクトレス決済である.コンタクトレス決済対応マーク(電波マーク)が表示されているアメックスカードにおいて利用可能である.筆者はアメックスカード(プロパー,グリーン)を保有している.券面にはICチップが搭載されているとともに,コンタクトレス決済対応マークも表示されている.なお,後述するApple payにアメックスカードを登録することにより,モバイル版アメックス・コンタクトレスが利用できる.

ビザ・コンタクトレス(VISA contactless)

ビザ・コンタクトレスは,国際ブランドVISAが提供するコンタクト決済である.最近までVISA payWaveと呼ばれていたが名称が変更になったようである.筆者が保有するクレジットカードには搭載されていないが,新生銀行の外貨プリペイドカードGAICAには搭載されている.なお,ジャックスカード,オリックスカード,イオンカードが発行するクレジットカードには搭載されているようだ.また,一部の銀行キャッシュカードに搭載されている場合がある.ちなみに,筆者の場合は三井住友銀行と楽天銀行のキャッシュカードを更新すると利用できるようになる(現在持っているカードは非対応).
すでにサービスは終了しているが,三井住友VISAカードをNFC決済対応スマートホンに登録することで,モバイル版ビザ・コンタクトレス決済を利用できるサービスを提供していた.ちなみに,2018年6月20日で新規申込み受付は終了,2018年12月末でサービス提供は終了している.一方,三菱UFJ銀行のVISAデビットサービスをスマートウォッチのガーミンに登録することにより,Garmin Payと呼ばれるモバイル版ビザ・コンタクトレス決済が利用できる.

JCBコンタクトレス(JCB contactless)

JCBコンタクトレスは,国際ブランドJCBが提供するコンタクトレス決済である.以前は,J/Speedyと呼ばれていた.JCBはQUICPayと呼ばれる国内向けコンタクトレス決済(FeliCa)を提供している.これら,JCBコンタクトレスとQUICPayは異なる決済手段である.筆者が保有しているクレジットカードでは利用できないが,楽天カード(JCBブランド)をApple payに登録することにより,モバイル版JCBコンタクトレス決済が利用できる.

Apple pay(アップル・ペイ)

Apple payはApple社のスマートホン(iPhone)やスマートウォッチ(Apple watch)で提供されるモバイル版コンタクトレス決済である.Apple payには複数のクレジットカードを登録することができ,必要に応じて決済に利用したいカードを選択することが可能である.また,取引決済には登録したクレジットカード番号とは別の識別番号が使われるため,クレジットカード情報の流出を防ぐことができる利点がある.
最近のApple payでは,海外向けコンタクトレス決済(NFC,Type A/B方式)と国内向けコンタクトレス決済(FeliCa,Type F)の両方に対応している(両者を並行して利用することもできる).すなわち,筆者の場合,アメックスカードを登録すると,FeliCa加盟店ではQUICPay決済,NFC加盟店ではアメックスコンタクトレス決済が特別な操作なしで利用できる.
Apple payには,複数のクレジットカードを登録することが可能であることはすでに述べた通りである.筆者はアメックスカードのほかに,三井住友VISAカード,JALカード,楽天カードを登録している.また,登録したクレジットカードの中でメインカードを設定しておくと,そのカードが自動選択された状態に設定される.筆者はアメックスカードをメインカードに設定しているため,Apple payを起動させるとアメックスカードが表示される.
Apple payには,クレジットカードだけでなくポイントカードも登録することができる.筆者はポンタカード(ローソン)を登録しているため,ローソン店頭でApple payで支払いたいことを伝えたうえでアメックスカードで決済をすると,ポンタカードへのポイント付与が自動で完了する.決済のときにポイントカードと支払いカードの2枚を提示する手間がなくなるため,そのほかの共通ポイント(楽天ポイント,Dポイント,Tポイント)についても早く対応して欲しいと感じている.

国内の加盟店

東京オリンピック2020に向けて訪日外国人が増えており,クレジットカード決済に対応することは当然ながら,非接触決済への対応も急務であることは周知の事実である.国内でNFC決済が利用可能な加盟店の中で筆者がよく知っているのは,ローソンとマクドナルドである.それ以外の加盟店としては,エアポートリムジン,関西空港の店舗,イケヤ,ツタヤなどが挙げられる.今後,加盟店が広がることに期待したい.

そのたNFCが使われている場面

コンタクトレス決済以外の用途にNFC(Type A/B)が使われているユースケースとして,マイナンバーカード,運転免許証,パスポート,タスポ(自動販売機でタバコを買うときの年齢確認)が挙げられる.これらの中で,筆者はe-TAXにより確定申告をオンラインで行うとき,電子署名を付与させる作業においてマイナンバーカードを使っている.SONYが販売している,パソリ(RC-S380)はFeliCaだけでなくNFC規格にも対応している.デバイスドライバや対応ソフトウェアの関係で,パソリにおけるNFC規格での利用についてはマイナンバーカード専用になっている.

おわりに

本ブログ記事では,NFC決済と呼ばれるコンタクトレス決済に焦点をあてた.国内では使い勝手はあまり良いとは言えないが,今後普及することに期待したい.

2019-01-29

アメックスカードを愛用している理由

読者の皆さんは,何のクレジットカードを利用されているだろうか.おそらく,楽天カード,イオンカード,銀行で作ったカード,または知人に頼まれて作ったカードをなんとなく使っているというところではないか.ただし,本ブログの聡明な読者の皆様に対しては先の発言は失礼かと思い謝罪するとともに,自分の意志でクレジットカードを比較検討のうえ取捨選択されていることと思う.
本ブログ記事では,筆者がアメックスカードを愛用している理由について述べる.ぜひ,皆さんがクレジットカードを取捨選択される際に,参考一意見としていただきたい.

アメックスカードとの出会い

筆者がアメックスカードを作ったのは30歳になってからである.筆者が持っているクレジットカードの中では,アメックスカードは最も新しく作ったカードになる.アメックスカードは筆者が子どもの頃からの憧れという一面があり,アメリカドラマの中で主人公たちがお店で買い物をする際に緑色のカードで支払っている光景で存在を知った.
筆者は大学院へ進学したこともあり,一般的な社会人としてのクレジットカードの与信が得にくい立場にいた.そのため,20代の頃はアメックスプロパーカードを手に入れたくても申込むことさえできなかった.社会的に自立したと認められたのは30歳の頃であり,幼い頃からの夢のひとつであるアメックスカードを手に入れようと試みたわけである.

アメックスカードはクセが強い

アメックスカードは,国内のクレジットカード会社と比べてクセが強いと感じる.すなわち,米国では当たり前のルールを主張されても日本人には受け入れられないこともある.それゆえに,アメックスカードは好き嫌いが両極端に分かれるカードであると感じている.もし無難なカードを求めるのであれば,三井住友VISAカードを推奨する.筆者も三井住友VISAカードを保有しているが,日本人向けのサービスとしては完成度が高いと認識している.
一方でアメックスカード特有のルールを押しつけられたとしても,筆者はアメックスカードは使いやすいと思っている.これは決してやせ我慢をしているわけではないく,T&Eに尖ったカードは海外渡航の際には大きな利点となる.そのため,アメックスカードは旅の友として力強い味方になってくれる.

アメックスグリーンカードが好き

アメックスカードは育てることができる.すなわち,アメックス・グリーンカードからはじまり,ゴールドカード,プラチナカード,そしてブラックカードとステータスが上がってゆく.クレジットカードの種類の違いは,カード券面の色が違うだけではなく,付帯するサービス内容が異なっている.そのため,自分の生活スタイルに応じたカードを選ぶことにより,自分色のカードに染まってくれる.筆者の場合は緑色であった.
アメックスカードのグリーンカードについては,プロパーカードの中では最下位のカードに位置づけられている.しかし,国内で発行されている一般カードと同じランクでひとくくりにまとめることは不適切であり,ゴールドカード並みと考えるべきであろう.筆者はアメックスカードはグリーンカードを愛用しており,提供されるサービスには不満はない.アメックスグリーンカードは最もベーシックなカードであり,最も使いやすいカードであると感じている.

アメックスゴールドカードにステータスはあるか

アメックスゴールドカードにステータスはあるか,またはゴールドカードを持っているとスゴいのかという論争に対して筆者の一見解を述べる.筆者はゴールドカードにステータスはないと考えているが,世間一般の人たちはステータスを感じているならば,いくら筆者が自身の主張を述べたところでステータスはあるといわざるをえない.
例えば,文献[1]によると,会計の際に他人のクレジットカードのランクをチェックしたことがある割合が82%,男性がゴールドカードを持っている場合にその人の魅力に影響を与える割合が64%,ゴールドカードを欲しいと思う人の割合が73%である.従って,アメックスゴールドカードにはステータスがあるという結論に達する.

年会費を支払うクレジットカードの意味が分からない

筆者がアメックスカードを使っていると発言するとき,周辺の一部の方から「年会費はいくらかかるのか?」そのうえで,「クレジットカードで年会費を支払う意味が分からない.」というお返事をいただく.筆者が思うにクレジットカードはお店での決済以外に付帯サービスが提供されており,そのサービス内容はクレジットカード会社がターゲットとしている客層に合わせて設計されている.従って,たとえ年会費を支払ったとしても,クレジットカードが提供するサービスを十分に享受できる立場であるならば,いいかえると想定されている客層にマッチするほど,先のような疑問の解決に役立つと思う.
クレジットカードの年会費は無料でなければならないという人たちは,そのような要望に適合させて設計されたクレジットカードを利用するべきである.それがゆえに,そのような人たちはアメックスカードの客とは見なされておらず,お互いに不幸な結果にならないよう互いに関わり合わないのが良いと思う.人間の心理として年会費が必要といえば,その年会費に見合ったサービスを提供してくれるか,それらのサービスが自分に適合しているかを真剣に考えてくれる.
年会費はカード会社が想定している客層の人たちが納得して支払ってくれる金額であり,そのような優良顧客を合理的にふるいにかけて合理的に囲い込んでいる.年会費の必要なクレジットカードは,客がカード会社を選択しているのではなく,カード会社が優良客を選別しているに過ぎないという点に気付くべきであろう.

国内ではJCBと提携しているので決済は大丈夫

クレジットカードが利用可能なお店は,店頭やレジ前にカード会社のステッカーが貼り付けてある.国内ではVISA,MASTER,そしてJCBのロゴをよくみかける.ほとんどの人は,これら3大国際ブランドから選択すれば間違いないと思う.アメックスカードに関してはAMEXのロゴが表示されているお店だけという先入観があるが,実は国内のJCBと相互に利用できるようになっている.従って,VISAまたはMASTERだけという場合を除いて,アメックスカードが断られることはない.
筆者はアメックスカードと三井住友VISAカードの2枚をメインカードとして使っている.最近,MASTERカード提携に変更したコストコを除いて,この組み合わせで困ったことはない.

アメックスコンタクトレスが素晴らしい

非接触決済(タッチ・アンド・ゴー,タップ・アンド・ゴー)として,コンタクトレス決済がある.アメックスカード本体に電波マークが表示されている場合,アメックスコンタクトレス決済が利用できる(加盟店の専用カードリーダーにかざすだけで決済が終わる).また,Apple社のApple payに対応したiPhoneを持っている場合,アメックスカードを登録することができる.
筆者が持っているiPhone 8 plusにアメックスカードを登録してみたところ,アメックスコンタクトレスとQUICPayの2種類のロゴが表示された.アメックスコンタクトレス決済は海外の非接触決済規格に基づいているため,本ブログ記事執筆時点において,筆者の知る限りではマクドナルドとローソンが対応しているくらいである.それに対して,QUICPayは国内の加盟店もそれなりにあるため,両者が併用して利用可能なアメックスカードは素晴らしいと思う.

海外渡航の際は手荷物宅配サービスが素晴らしい

海外渡航の際,アメックスカードを持っていると,スーツケース等の手荷物の運搬を無料で行ってくれる.筆者は福岡在住であるため,海外渡航の際には,羽田空港や成田空港で乗り継ぎをすることがある.羽田空港・成田空港において,帰国手続きを済ませて手荷物が返却されたあと,JAL ABCカウンターに行き手荷物をそのまま預けと自宅まで宅配してくれる.筆者が同等サービスを受ける場合,手荷物1個口あたり3,000円程度の料金が必要である.従って,1年間で数回利用するだけで元が取れると考えることができる.

ポイント還元率は最大3%で運用している

クレジットカードを利用するとポイントが貯まる.最近は高いポイント還元率を謳ったクレジットカードがもてはやされている.決済金額100円あたり1ポイントが付与され,1ポイント0.3円の還元率で利用できる.筆者は年会費3,000円のメンバーシップ・リワード・プラスに登録しているため,航空会社でポイントを利用する場合,1ポイント1円で利用することができる.
クレジットカード年会費の他にポイントの年会費も二重で支払う利点として,ポイント利用の際の還元率が改善する以外に,ポイントの有効期限がなくなるのでストレスがない.さらに,Apple store,JAL,Amazonの利用で100円あたり2ポイントが上乗せされる点が良い.自分の利用スタイルにどれだけマッチするか次第であるが,筆者は標準で1%,最大3%のポイント還元率で運用できている.

家電補償サービスとショッピングプロテクションが素晴らしい

アメックスカードの特徴として,保険サービスが充実していることである.例えば,損害保険,医療保険,海外渡航保険などが提供されているため,面倒ごとが苦手な人はアメックスカードで解決しても良いかと思う.筆者は家電保証サービスとショッピングプロテクションの2種類の保険に加入している.
前者は冷蔵庫,エアコン,パソコンなどの家電製品の5年間の延長保証を提供してくれる.家電量販店においても個別に延長保証を契約することも可能であるが,細かいことを気にすることなく一括して適用される点が良い.筆者が愛用しているiPad,Macbook,iMacも対象になっているため,Apple careに加入必要性がないので保険料の節約が実現できる.
後者はクレジットカードで購入した商品が破損した場合,1年間にわたって補償してくれるサービスである.どちらのサービスも日常生活の中で起きてしまうと気分が悪くなる出来事を,お金の力で多少なりとも和らげてくれるかと思う.

限度額という概念はない

他社のカードでは利用限度額が設定され示されていることは当たり前かもしれないが,アメックスカードではそのようなことは行われていない.アメックスカードとの信用を積み重ねることによって,節度ある範囲内で自由に決済ができる.一方で,目安となる金額というのは存在しており,高額な買い物をするときは事前にカードデスクに電話連絡をしておくと良い.
筆者が25万円のノート型パソコンを購入しようと考えたとき,カードデスクに電話連絡をいれた.するとカードデスクの対応として,お客様とのこれまでの実績を踏まえると,その程度の金額でストップすることはないので連絡は不要と言われた.ただし手間をかけて連絡したことに感謝もされた.米国流にいうと,客は神様ではなく店側が売るかどうか決めるという考え方もある.最後は人と人との信頼関係で成立しているということであろう.

おわりに

アメックスカードは尖った特色を持つクレジットカードであるため,万人に受け入れられることはない思う.一方で,アメックスカードをうまく使いこなすことができれば,生活するうえで必要不可欠な決済においてストレスがなくなる.また,保険商品をうまく組み合わせることによって,破損・盗難に対しておびえる生活もなくなる.そのような点において,アメックスカードは生活を豊かにしてくれるという考えに至り,筆者はアメックスカードを愛用している.

参考文献


2019-01-27

30代男性の財布の選び方の変遷

本ブログ記事では,30代の独身男性のひとりとして,現在の財布にたどり着いた経緯について述べる.とくに,ミニマリストを目指しているわけではないが,昨今のキャッシュレスの影響を受け財布を持ち歩くことがないように思う.筆者の財布事情として,スマホケースとマネークリップと呼ばれる札ばさみに落ち着いている.

稼ぐ人は長財布を使っているという神話

筆者が財布というものを意識するきっかけになったのは,稼いでいる人は長財布を使っているという神話を知ったことである.ご多分に漏れず,筆者も20歳代前半の頃は長財布を愛用しており,長財布を使うことが大人としてのステータスがあるという暗黙の了解があったように思い返す.財布に収める紙幣についても聞きかじった知識に頼り,銀行の窓口に出向き新札(ピン札)を指定して現金を引き出していた.財布のカードを納めるべき場所には,運転免許証(とりたて),銀行キャッシュカード(はじめて地元以外に口座を開設),ポイントカード(地元以外のお店に通っているイメージ)を誇らしげに収容していた.
当時はクレジットカードに対する知識もなく,クレジットカードは借金カードとう根拠のない短絡的な発想で忌み嫌っていた.パンパンに膨れ上がった長財布は,ズボンのポケットにいれて持ち歩き,日々の生活の中で使用していた.今さらながらに思うことは,長財布だから稼げるという理屈は,風が吹けば桶屋が儲かるという理屈とあまり変わらないように思う.筆者が思うに,長財布云々を持ち出した人の周辺の人たちが,偶然に長財布を愛用していただけではないかと推測する.

ハイブランド信仰

長財布を使うようになってきたあと,筆者や筆者の周辺は次のステージにすすむ.20歳をすぎて大人の仲間入りをしたと感じるようになり,また自由に使えるお金が増えることによって,どのようなメーカーの財布であるかが気になりはじめる.筆者がハイブランド信仰と呼ぶが,高級ブランドの財布やバッグを持つことにステータスを感じて優越感に浸ること,またはそのような高級ブランドの商品を持てないことに起因する劣等感を感じることなど忙しい時期を迎える.日本人というのはブランド物が好きな民族であると思う.そして,世代を超えて,老若男女を問わずにブランドに敏感な人が多いように思う.
職業柄,20代前半の若い人たちと関わる機会がある.彼らもブランドを気にしていないとはいいつつも,やはり気にしていることを感じる.ハイブランド信仰が強い人の中には,あからさまに筆者に対してさえライバル視してくる点は興味深い.筆者はハイブランド信仰は卒業しているので,いまだにハイブランド信仰をされている方とは異なる価値観を持つ.従って,そのような眼差しを向けられたところで当惑するばかりである.
他方,ハイブランド信仰について,筆者がブランドと認識することのない持ち物でさえ,人によってはハイブランドと認識している点には注意したい.すなわち,このことを認識しておかなければ,次の点において不幸な結果になりえる.筆者はハイブランドであると認識することなく日常生活の中で使っているため,筆者に対して,彼らはいわれのない劣等感をため込む.もしそうでなければ,筆者がハイブランドであると認識しているにも関わらず,それに気がつかないふりをして高飛車に振る舞っているという印象を彼らに与えているようだ.
このようなことを踏まえ,筆者はハイブランド信仰者ではないが,流行のブランドについてはチェックしておくようにしている.ブランドについて知識がなければ,他人との摩擦を増やすことになるからである.

現金を使わないアピール

筆者は20歳の頃にクレジットカードを発行した.工学部は大学の中でも異質な文化がある.例えば,実験やレポートに追われ,自由になる時間は深夜ということはよくある.現金ニコニコ払いに務めようとしても,自由の身となる時間帯には銀行ATMは営業時間外である.手数料を節約しつつ日々の決済に対応するためには,多額の現金を財布に入れて持ち歩くことが必然的に多くなる.大学生にとって,10万円という現金を持ち歩くことは恐怖でしかない.何か良い方法はないかと思案した結果,クレジットカードという魔法のカードを入手するきっかけになった.
筆者がはじめて手に入れたクレジットカードは,今でも長くお付き合いさせていただいている.思い返すと,乏しい知識の中で,クレジットカードといえばビザカード,ビザカードといえば三井住友VISAカードという出会い方である.学生カードとして発行してもらい,限度額は10万円から使い始めた.クレジットカードを手に入れて以来,筆者は現金の呪縛から解放された.すなわち,ポケットには少額の現金とクレジットカードさえあればよく,その当時の筆者の悩みを見事に解決してくれた.
クレジットカードを手にしたその日から,筆者は現金を使わない生活に突入した.一方で,現金払いは時代遅れといわんばかりにカード払いこそすべてだということをアピールしているつもりはない.しかし,筆者の行動がそのような高飛車なアピールをしていると,人によっては受け止められることが多い.筆者は現金主義の人の意見は尊重している.さらにいうと,筆者はクレジットカードを手にする前までは現金主義であり,クレジットカードは自分の生涯の中で持つことはないと信じていた.

現金を使わないということはカード?

筆者は積極的に現金を使わないので,持ち歩く現金は数千円程度である.現金を使わないという話題になると,かならず返ってくる返事が,「カードを使っているのか?」という疑問文である.ペーパーマネーでなければ,プラスチックマネーというのは極めて短絡的な意見であるが,国が推進している以上に世間様のキャッシュレスに対するイメージはその程度であるということであろう.
そのような方に対して思うことは,クレジットカード決済すら今どきは古く,普通はスマホ決済ではないかということをお伝えしている.国内では非接触タイプの電子マネーが広く普及している.二次元バーコード(QRコード)を用いた決済手段も浸透させようとしている.ただし,これらのスマホ決済については雨後の筍のごとく乱立しており,甚だ利用者の視点を無視した状況にあると感じる.

キャッシュレス生活な人の財布選び

筆者はどのブランドの財布が欲しいかではなく,どのスマートホンを納めるべきかという観点から財布選びをする.スマートホン,クレジットカード,キャッシュカード,運転免許証や保険証をひとつにまとめて持ち運びできることが重要である.過度に凝ったデザインや機能を有する財布はかえって不便であり,コンパクトすぎる財布も同様である.
筆者はSONY Xperia XZ2 compactを愛用している.ひとつ前の機種は,Apple iPhone SEである.スマートホンは大型化する傾向にあるといえるが,片手で操作することを考えると,iPhone SEやXperia XZ2 compactのサイズが丁度良い.このサイズのスマホが収まるスマホケースとして,筆者はオーストラリアのベルロイ(Bellroy)社のフォーンポケットを愛用している.


また,ベルロイ・フォーンポケットに納めきれない紙幣,硬貨,鍵の3点はマネークリップとアブラサス社の小さい小銭入れに納めている.紙幣については,フォーンポケットに頑張れば入るが,やはり別に分けていた方が利便性が高い.キャッシュレスの人の悩みとして,小銭をどうするかという点はキーケースと小銭入れを上手く組み合わせた,小さい小銭入れがすべてを解決してくれている.

2019-01-26

楽天銀行のハッピープログラムでスーパーVIPを目指す

筆者はネットバンクとして楽天銀行を利用しており,楽天銀行に屋号が変わる前のイーバンク銀行からの客である.楽天銀行にはハッピープログラムと呼ばれるサービスがあり,会員ランクに応じて特典が変わってくる.本ブログ記事では,筆者が最上級のスーパーVIP会員になるための方法を検討したので紹介する.

ハッピープログラムの概要

ハッピープログラムの公式解説を引用すると,次の通りである.
「ハッピープログラム」は楽天銀行のお客さま優遇プログラムです. エントリーするだけでお取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり,楽天スーパーポイントを振込手数料に利用できるようになります.またATM手数料が最大7回/月,振込み手数料が最大3回/月まで無料に!
ハッピープログラムの会員ランクは,ベーシック,アドバンスト,プレミアム,VIP,スーパーVIPの5段階に細分化されている.VIPとスーパーVIPは,ATM手数料無料回数に2回分の違いがあるだけであるが,プレミアムとVIPは,ATM手数料無料回数,他行宛て銀行手数料無料回数,楽天スーパーポイント付与率に大きな差がある.従って,少なくともVIP以上の会員ランクに達することが重要である.
ハッピープログラムの会員ランクを向上させるためには,預金残高または取引件数のいずれかが基準に達することが必要である.例えば,VIPは預金残高100万円以上または取引件数20件以上,スーパーVIPは預金残高300万円以上または取引件数30件以上が求められている.

預金残高

ハッピープログラムの会員ランクをVIPにする場合は100万円,スーパーVIPにする場合は300万円を楽天銀行に預ける必要がある.ここで,100万円の現金を用意できない場合は,取引件数を稼ぐことに専念するべきであると考える.まとまった現金を楽天銀行に預けようとするとき,その現金をどのように寝かせるかという問題が生じる.本セクションでは,その問題について考察する.
楽天銀行が取り扱っている預金の種類には,他の銀行と同様に,普通預金と普通定期預金の2種類に大別される.各々の金利は,本ブログ記事執筆時点において,普通預金は0.02%,定期預金(1年)は0.03%であった.楽天銀行の金利が他社と比べて高い部類にあるとはいえ,さすがに100万円単位のお金を寝かせることは資金効率が悪いと考える.
そのほかの選択肢としては,楽天エクステ預金と呼ばれる仕組預金がある.楽天エクステ預金は金利が高い利点があるが,最長10年または15年の期間で預ける必要がある.また,楽天銀行がやむを得ないと認めた場合を除いて原則として中途解約はできない.さらに,仮に中途解約を認められたとしても,解約費用により大きく元本割れをする可能性が高い欠点がある.従って,流動性リスクの点において,楽天エクステ預金は筆者の選択肢から外れる.
また別の選択肢としては,楽天デュアル定期預金と呼ばれる仕組預金がある.楽天デュアル定期預金は,満期時点の為替レートに応じて外貨で返金される場合があり,そのとき円貨で換算すると元本割れする可能性がある.定期預金という名称にはなっているが,その性質は金融派生商品(デリバディブ)と捉えるべきである.筆者は外貨を仕組預金でどうこうするつもりはないため,楽天デュエル定期預金は選択肢から外れる.
以上のことをまとめると,たとえVIP以上の会員を目指すとはいえ,預金残高を増やす方針は筆者にはそぐわないという結論に達した.

取引件数

ハッピープログラムの会員ランクをVIPにする場合は20件,スーパーVIPにする場合は30件の取引回数を稼ぐ必要がある.楽天銀行が指定するサービスを利用することにより,取引回数が増える.従って,楽天銀行のサービスを頻繁に利用するのであれば,預金残高を増やすよりも簡単に条件を達成できるはずである.
楽天銀行が取引件数として認めているサービスの中から,筆者は「楽天銀行即時入金サービス」に着目した.筆者の場合,楽天証券で金融商品を購入するとき,マネーブリッジで連携された楽天銀行の口座から自動的に入金される仕組みになっている.このとき,楽天銀行即時入金サービスの利用回数として数えられ,ハッピープログラム対象取引の件数が増えることにつながる.
ここで重要な点としては,楽天銀行即時入金サービスの利用回数は,入金の金額の大小にかかわらず1回あたり1件として数えられる.また,楽天証券では,投資信託を100円から購入することが可能である.これら2点を踏まえると,投資信託を100円ずつ分けて購入して,楽天銀行から自動入金させることにより,簡単に会員ランクを上げることができるのではないかと考えた.
本手法を実行する場合,結果として投資信託を積立てることになるため,強制的に資産形成が実現できる利点がある.さらに,投資信託は元本割れをする可能性がある価格が変動する金融商品であるが,投資信託を少額ずつ分けて購入することになり,大きく損をすること(高値で購入しないように)を防ぐ利点も生じる.しかし,元本割れにつながる投資信託を購入する点,および毎日分けて購入するための手間が必要になる点が欠点として挙げられると考える.

実際に試してみた

本ブログ記事で紹介する手法に従い,実際に100円ずつ投資信託を購入してみた.ただし,本手法を思い立ったタイミングが遅かったため,2月はVIP会員にとどまることになりそうである.何もしなければプレミアム会員であったため,会員ランクの改善は達成できた前向きに捉え,3月はスーパーVIP会員を達成するべく精進したい.
本手法を実際に試した結果,ハッピープログラム対象取引の詳細は下記に示す通りである.下図に示されているとおり,本手法を実行することにより,対象取引件数を稼げることが確認できた.
本手法の注意点として,1日あたり15件という上限が設定されていため,一気に稼ぐことは難しいと考える.また,あからさまにポイント稼ぎに直結するようなさもしい行為は慎みたいと考えるので,投資信託を購入することによる件数稼ぎにつきましては,節度をもって取り組みたいと考えている.

楽天ポイントが付与されていた

本手法を実際に試してみて気がついたことがあり,取引件数に応じて楽天ポイントが付与されており完全に見逃していた.今月はプレミアム会員であるため,1件あたり2ポイントが付与された.来月はVIP会員に昇格される予定のため,1件あたり3ポイントが付与されることが期待できる.投資信託を100円購入することにより3ポイントが付与されるということは,その還元率は3%と考えられる.3%というポイント還元率は魅力的な水準であると感じているため,楽天証券で投資信託を積立てて購入するときは,本手法に基づきコツコツ購入するのが正解であると感じた.

投資信託選び

本手法を実行する場合,どの投資信託を購入すれば良いかという課題が残る.筆者が選ぶ投資信託の基準としては,次の3点を挙げている.
  1. 購入時手数料が無料,かつ信託報酬や信託財産留保額などの手数料が安い
  2. 投資信託の発売会社が信用でき,十分な流動性のある商品である
  3. 投資信託が難解な仕組みになっていない
1.に関して,取引回数を稼ぐことが目的であるため,購入手数料は無料であり維持コストは小さい投資信託を選択する.2.に関して,あまり馴染みがない販売会社が取り扱っている投資信託は怖いので,国内の大手業者が発行しており,十分な資金を集めている投資信託を選択する.3.に関して,投資信託の価格決定基準や配当金が,筆者が十分に理解できる分かりやすいことである.分からないものには手を出さないのが一番であると考える.
以上のことを鑑みて,筆者は三菱UFJフィナンシャルグループの一員である三菱UFJ国際投信が発行している,eMAXIS slim シリーズから投資信託を選んでいる.eMAXIS slim シリーズの中でも,つみたてNISA適格のお墨付きがある商品から,下記の投資信託を選択した.
  • eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
つみたてNISAの対象商品は,手数料が低水準,頻繁に分配金が支払われないなど,長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており,投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています.

2019-01-25

JAL Global walletを申込んだ

日本航空(JAL)がJAL Global walletと呼ばれる新しいカードを発行している.筆者は年末に届いていた案内メールで存在は知っていたが,多忙のため詳細を確認できていなかった.このたび,かるくウェブサイトを眺めているとサービス内容が良かったため,結論として申込むことに決めた.

JAL Global walletの概要

JAL Global walletは,海外プリペイドカードに分類される.すなわち,あらかじめカードに入金しておき,その入金額の範囲内で利用できるプリペイドカードである.筆者が保有するJAL Global walletに類似したカードには,海外プリペイドカードGAICA(新生銀行)マネパカード(マネーパートナーズ証券)ネオマネーカード(セゾン)がある.さらに,セブン銀行のキャッシュカードに関しては,セブン銀行の預金残高の範囲内で同様のサービスが利用できる機能を具備している.
JAL Global walletは,日本円,米ドル,欧ユーロ,英ポンド,豪ドル,ニュージランドドル,カナダドル,スイスフラン,香港ドル,タイバーツ,シンガポールドル,マレーシアリンギット,中国人民元,台湾ドル,韓国ウォンの14通貨の外貨建て決済に対応している.また,外貨建て決済に必要な外貨の調達については,スマホアプリを利用することにより,任意のタイミングで日本円と外貨を相互に両替することが可能である.

類似カードとの比較

筆者の場合,JAL Global Walletに対して入金するときに200円の手数料が必要である.ちなみに,住信SBIネット銀行の口座を保有している場合は無料である点を補足する.入金手数料に関しては,GAICAマネパカードネオマネーカード,セブン銀行キャッシュカードは無料であるため,JAL Global Walletは他カードと比較して劣っている.海外渡航中に現地ATMから現地通貨を出金する場合に必要な手数料に関しては,GAICAは無料,残り3種類のカードは有料である.従って,ATM出金手数料の面では,他カードと比較して許容範囲内であると考えている.
日本円と外貨の交換に関する為替レートについて,セブン銀行キャッシュカードネオマネーカードはカード利用時のレートが適用になるため,自分のタイミングでレートを決定することはできない.一方,JAL Global Walletはスマホアプリで任意のタイミングで両替することが可能なため,海外渡航を控えた数ヶ月前からドルコスト平均法に従って両替する技が利用できる.すなわち,例えば1,000ドル必要であれば,毎週100ドルずつ両替することにより両替レートは平均化されるため,大きく得をすることもなければ,大きく損をすることもない.

申込み手順

両替手段の選択肢が多いことは歓迎できるため,筆者としては,ネオマネーカードを解約し,その代替としてJAL Global Walletを使うことに決めた.そこで,申込み手順を調べてみたところ,まずウェブ上から申込み手続きを行い,カード本体が届いたあと初期設定などをすすめるようだ.

申込み手続きを済ませた

JALマイレージ会員ウェブサイトから個人ページにログインしたのち,JAL Global Walletカード申込みのボタンを押した.思ったよりも簡単に手続きが開始できたと思う.
カード申込みに先立ち,JAL Global Walletの概要が箇条書きで示された.筆者がすでに確認していた内容に相違なかったが,JALタッチ・アンド・ゴーと呼ばれるペーパーレスのチェックインが利用できる点,200円あたり1マイル付与される点は気がつかなかった.思いがけない利点があり,うれしかった.
すでにJALカード(クレジットカード)を利用している場合,同じJALマイレージ番号ではあるが別のJAL Global Walletカードが発行されるようだ.すなわち,同じJALマイレージ会員の番号が記載された2枚のカードを並行して利用する形になるようだ.筆者はそのようなシステムであろうと勝手に思い込んでいたが,ここで明確に説明されたので安心した.このあと,いくつかの確認と同意の手順を踏み終わると,申込み完了のページが表示された.それと同時に,申込み確認のメールが届いた.以上で,申込み手続きは完了したようである.
約3週間以内にカードが発行されるようだ.カードが届いたのち,初期設定を行いたいと思う.今日できることはここまでのようだ.